team SUNZOKU

大阪を中心としたロードバイクのヒルクライム・レーシングチーム team SUNZOKUのブログです。

SUNZOKU cat
team SUNZOKU

第9回高取城・戦国ヒルクライム

team SUNZOKU
  カテゴリ:
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
どうもお久しぶりです。
masabowです。

夏のヒルクライムといえばコレ。

「者どもであえ~!」
 1503204345123

って、多すぎるわ。

今年はFRAT勢も参加多数で、全体の1/4は知り合いではなかろうか。

レースの目標は昨年の自分を超える。カレーの辛さに負けない。
※昨年レース後にふるまわれたカレーが暴力的な辛さだった。

昨年は直前のお盆休みで乗り込み過ぎて、当日に疲労が抜けきらず不完全燃焼。
その辺の失敗も踏まえて調整したつもりが、前日乗った感覚では絶不調。
しかも、何故か前日のお昼からお腹ピーピーで当日の朝には体重が1kgほど減少。
会場へ向かう道中も踏んでみるが、パワーが出なくて感触はイマイチ。

試走ついでにレースコースに向かうと後ろから1号さん(リーダー)登場。一緒に試走へ。
ここで不思議なことに1号さんと走ってると急に踏めるようになる。
なんだろ、こう一緒に走るとやる気をもらえるというか力をもらえる。
ホントに不思議な人だなーと。流石リーダー(何か頂戴)
俄然やる気MAXに振りきれるの私メンタル。

リーダー、カメさんとOHCの会長も合流して4人でアップへ。

昔は野性味あふれて全開で走ってたカメさんがパワーメーターとかいう文明の利器を手にした結果
30/30秒インターバルとかそれっぽいアップを始めて切なくなる。
(去年の当レースで上りでドリフトするぐらい熱い走りしてた奴が丸くなったもんだね。結局ドリフトでDNFやけどな。)

アップが完了したので会場へ戻り、受付からの知り合いと挨拶を交わしていると、鳥飼さんが自走で応援に来てくれる。
どうやら昨年のカメさんのドリフトを不憫に思っていたらしく、今年は自分のホイールを差し出すべくドリフトポイントでホイールとカメラを持って、待っていてくれる模様。
チームって素敵ダナー(棒

毎年恒例の町長の長話挨拶峠を超えてスタート地点へ向かう。
そしてここでルールが変わっていることを知らされる。

カテゴリーAは一斉スタート。

…は?

例年であれば10人ずつ1分感覚でスタートだったのが、今年はルール変更。

41人一斉スタート!
 

おい聞いてねーぞ!
やだ、楽しそう///

とはいえネットタイムなので、スタートの号砲が鳴ってから前と少し間をあけて一気にスタート。

今回はツールド沖縄210km2位のIさんが参戦しているので、全員警戒しすぎてツキイチマン大量発生。
このまま分岐までIさん先頭固定かと思いきや、途中、カテゴリー2位/3位となる2名が飛び出すも分岐で捕獲。

私はそつなく集団内を立ち回って最初の分岐へ向かう。

ここから先、下りから左へ切れ込む形でコーナーへ侵入するが
今回は大集団ということもあり、一部を除いて周りのコーナーテクがわからない。
こんな状態で右側へ膨らんでこられてはじき出されるのは嫌だと考え、一旦先頭へ出て一番左へ寄っておく。
 
その後、集団に一度オーバーテイクしてもらってからコーナーへ。実際だれ飛んでなかった。

この分岐から本格的にヒルクライムレーススタートなので、各自飛び出していく。
事前の想定ではアップダウン4分+緩斜面8分+激坂全開の予定で、既に4分は終えたのでここからの8分は淡々と。
そこそこ前の選手は降ってくるものの、予想より降ってくる人数が少ない。
ペースが遅いかも?と普段レース中には見ないパワー表示を見ると、別段悪くないので周りが予想以上に速いということか(汗

壺阪寺を超えて最後の分岐に。
タイムを確認すると当初の予定通り12分ぐらいで入れたので、ここからVo2max大会開始(憂鬱
終始310w前後で踏み続ける、のこり1kmの表示からは垂れても良いので踏み続ける。
残り50mで先行者をギリギリ捕まえられず失速ゴール。

ゴール後、靴を履き替え本丸を目指す(城跡まで徒歩クライムして初めて正式ゴールとみなされます)

知り合いと雑談しつつ、シャーベットになりつつあるガリガリ君を頂く。
そして私のやる気MAXにしてくれたリーダーは今年も落車ー!(2年前にもやってます
1503317549557
 

その後、冒頭にある写真撮影したりワイワイした後、sakataniのヤスさん、チームメイトのちょしさんと会場へ戻る。

さぁ、本日のメインイベントカレーとの戦いやで!かかってこいや。
うん、甘い。非常に甘口。これには一緒にカレーとの激闘を期待していたHANAKEN氏も拍子抜け。
HANAKEN氏の足の状態や、私のコソ練に探りをいれられつつパクついてランチタイム終了。

そして表彰式!!

メンバーのリザルトは
novさん カテゴリCで2位
次戦は今年の大一番乗鞍。
1503219563785
 

山田さん、カテゴリMTBで優勝
って、いつ練習してたんすか。。
1503219487261
 

HANAKAEN氏、総合順位で6位
はよ足首直して凸乗ってね。
1503219475803
 

今年の残り2戦はSUNZOKU的には勝負レースである、大台ケ原のチーム戦と高梁ヒルクライムのチーム戦。
僕的にも勝負レースの2つですので、皆、更に気合入れて練習してくやで。
1503219602430
 





コメントする

名前
 
  絵文字