team SUNZOKU

大阪を中心としたロードバイクのヒルクライム・レーシングチーム team SUNZOKUのブログです。

SUNZOKU cat
team SUNZOKU

乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム

team SUNZOKU
  カテゴリ: レースレポートteam SUNZOKU
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

お久しぶりですnovです。

乗鞍スカイラインサイクルヒルクライムに参加してきましたのでサクッとレポートします(^-^)

IMG_8535
 



レース前日、朝からちょっとローラーを回してから出発。道中で蕎麦やらあんころ餅やら菓子パンやらをむさぼるように食べて明日のエネルギーを充填!

スカイラインのコースは走った事はないんですが、かなりきつい斜度が続くらしいので2週間ほどじわじわと減量して来たんですが思ってた以上にスルッと落ちたので、前日はかなりしっかり目に食べておきました(^-^)


そして受付を済ましてブースをちょっと見学。

ゴキソのブースに何と森本さんのスペアバイクが。ポジションをいじらなければ貸し出し可能とのことだったので、記念に取り敢えず乗っときます()

IMG_8374

 IMG_8375


まあ試乗といっても会場の横にある100mほどの坂を行ったり来たりしただけで、普通のスニーカーでの試乗なのでハブの回転の滑らかさみたいなのはあまり感じられず。

貸し出しサービスもあるのでまた改めて試乗してくださいとのことでした。
 

その後ホテルに移動して温泉に浸かって体をほぐし、晩ご飯でさらに炭水化物をチャージして早めに就寝。




レース当日、5時過ぎに会場到着。アップをどうしようか迷ったが、時間もあるしスタートしてすぐに斜度が上がるコースなので30分ほどローラーで。最初足は重い感じだったけど徐々にパワーも出だしたのでまあそんなに悪くはない感じ。

IMG_8395
 


スタート地点に移動後は軽量化したりチームメイトを探したりするものの結局会えず。

グランペールの田中さんと今日のコースやレース展開など話してたらええ時間になりました。



そして833分ロードGスタート。

今回のレースはマスドスタート方式で先着順で順位が決まる方式なんですが、序盤のパレード区間で前に上がったらええかなと前の方にはあえて並びませんでした。
でこれがあかんかった。
スタート直後は広かったコースが、本線に出るところでパイロンでせまく絞られており、そこで集団が一気に縦長に。前に上がるスペースも無く先頭はどんどん離れていく。

そしてリアルスタートが切られた時には先頭は遥か彼方にorz

何とか追いつこうとがんばってみたけど流石に離れすぎたので、早々に追いつくのは諦め、じわじわと抜いていく作戦に。

序盤は余り無理をしたくないんですが、斜度がきついのでついついパワーをかけてしまいます。案の定最初の4kmの分岐まで想定していたタイムより1分ほど速い!これは先頭に付いて行ってたら逆に終わってたかもと思いながらボトルのドリンクを飲んで心を落ち着かせます。

そしてここまでいい感じでは来たもののやはりちょっとオーバーペースだったこともあってジワジワ足にダメージが(^_^;)

それといつもは余り感じない酸素の薄さを感じるようになってきました。気がつくと呼吸が浅く早くなっているので意識して深くゆっくり呼吸するようにします。

そして後半に入ると足、心肺共に相当きつくなってきました。心拍は前半よりかなり落ち込んで完全にタレた状態、パワーも200w前半の維持が精一杯になります。
まだまだ残り距離はあるし、もうこの辺は心を無の状態にしてできる限りの力でペダルを回している事しか覚えていません()

そしてゴール手前にある平坦にやっと差し掛かり、残りカスの力を振り絞りゴール。

試走をしていなかったのもそうですが延々と続くきつい斜度に心を折られ、今まで走ったレースで一番きつかったレースでした。



ゴール後下山荷物を受け取りに行くと優勝候補のヤスさんに会いました。1時間7分台でトップでゴールとの事で流石の強さです。先頭集団のメンバーを聞いてみたらどうやら自分は2着でゴールしたっぽい。

IMG_8403
 

そして正式リザルト発表。

もがき苦しんだ甲斐あって辛くも準優勝する事が出来ました!IMG_8470
FullSizeRender


今年前半はなかなか上手く行かず入賞からも遠ざかっていたので今回の入賞でちょっとホッとしました。
トップクラスにはまだまだ敵いませんが、調子はもうちょい上がりそうなので後半戦に向けてしっかり準備していきたいと思います。

IMG_8525
 

おわり

コメントする

名前
URL
 
  絵文字