team SUNZOKU

大阪を中心としたロードバイクのヒルクライム・レーシングチーム team SUNZOKUのブログです。

SUNZOKU cat
team SUNZOKU

2017伊吹山ドライブウェイヒルクライム

team SUNZOKU
  カテゴリ:
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
18号のちょしです。
他のSUNZOKUメンバーは菰野ヒルクライムに参戦してシーズンインしてますが、
寒さに弱い私は少し遅れて、この伊吹山ヒルクライムからシーズンインとなります。

これからレースレポートを記していきますが、肝心のレース内容はほとんど内容がないので、
レースの1週間前に遡って、振り返りながらレポートしていきます。

【1週間前】
■膝痛める・・・
ロードバイク乗り始めたころからスピードプレイのペダルを使用してましたが、
ガタがきてたので、LOOKのペダルに交換。

試しに固定ローラーで使ってたが、痛むこともなく、全く問題なかったので、
SUNZOKUメンバーとの金剛ロープウェイ練で実走。
この日の朝方は結構寒かったが、金剛ロープウェイでは自己ベスト更新。
調子は悪くない様子だったが、お昼を食べて裏金剛を登ってたら右膝が痛みだす・・・

この時はさほど深刻には考えてなかったが、コンビニ休憩の後、激痛が・・・
これから40kmほど走らないと帰れないんだが・・・
と不安になりながら走っていると、だいぶマシになってきて無事帰宅(´-ω-`)


【5日前】
■クランク移植
膝を痛めてから、2日ほど完全休脚。
その間に、練習用のMadone号から、レース用のLOOK号にペダリングモニター付きのデュラクランクを移植。
IMG_2180

車重は6.6kgから6.9kgに増量。
重くなったが、これでフロント変速の性能がアップして、チェーン落ちの心配がなくなった(`・ω・´)
クリート位置を調整しながら軽く固定ローラーを回して終了。


【3~4日前】
■ポジションに悩む
半年ぶりくらいにレース用のLOOK号に跨る。
・・・違和感が半端ない!!
特に左足が下死点に来た時に伸びきった感があり、遊びが全然ない印象。
シートポストがフレーム一体型なので、レース直前にカットする勇気がなく・・・
とりあえず、2mmくらいのスペーサーを外したら少しマシになった。
固定ローラーでL4、L3程度の強度でTSSを稼いでおく。
膝の心配もなさそうだ。


【2日前】
■体重大幅増
会社のお花見会でビールを1杯・・・
で止まることはなく、めちゃくちゃ食べて飲む(*_*)
この日の朝の体重が53.2kgだったが、
お花見から帰宅後の体重55.0kg
いくらなんでも増えすぎである・・・
即固定ローラーでカロリー消費・・・


【前日】
■準備
朝の体重 54.2kg
うーん・・・微妙・・・
が、用事とチェーン掃除やらレースの準備やらしてたら夜になってカロリー消費できず。
準備物は特に冬用衣類、あとゴール後に飲むプロテインは必須。


【当日】
夜中2時ごろ出発
家でる時の体重 54.4kg
体重増えてるし(-_-;)
53kg台で参戦したかったが、もうえぇわw

■食事
諦めて相方拾って多賀SAで休憩。
外はめちゃ暴風雨。
天気予報は晴れる予報やけど、ほんまに晴れるん??
とりあえず、相方が作った特盛ボロネーゼ(推定400g)でカーボローディング。
(すでに十分やけど)
ちょっと多かったけど、うまかったので全部食べてしもた(´-ω-`)
もうパワーで押し切るしかないな!!
(パワーがあるとは言っていない)
会場まで移動して、受付済ませると、雨が降ってきたので車で待機。

■アップ
雨が止んできた8時ごろから固定ローラーでアップ開始。
徐々に上げていくと、パワーの割に心拍数が高い。
レースの時はいつものこと。
しばらく回していれば落ちて・・・こない(-_-;)
どうやらそんなに調子は良くない様子。
20分ほど軽く回してからL6くらいで1分、30秒レストで同じくL6で1分すると、心拍数が176まで上がる。
あとは軽く20分ほど回して、雨が降ってきたのでアップ終了。

■スタート地点まで移動
風が強くて時折雨がきつくなったり止んだり。
上は冬服着てるのに、寒すぎて震える(-_-;)
このまま帰ろうかと3回くらい思った・・・
なんで金払って寒い中ハァハァして苦しまないといけないのかと・・・
それは・・・ なんでやろね~(´-ω-`)

今年も相変わらず、ジャリジャリの歩道を走らされて、パンクしないかハラハラドキドキ。

無事ドライブウェイの入口に到着したころ、masabowさんとつるみんさん、
trekyさんにlynxさん、たっきゃんと遭遇。

とりあえず荷物預けて、同カテゴリのmasabowさんとスタート地点へ。
最終軽量化してからmasabowさんに優勝候補のMさんを教えてもらい、
カテゴリC1組の最後尾で待機。

■レーススタート
ぼーっとしてたら、スタートの号砲が鳴ってたらしく、続々と選手がスタートしていく。
Mさんも最後尾に下がってスタート。
私もスタートしようとクリートキャッチを試みるも、LOOKのペダルに全然慣れていないので、3回くらいミスしている間に、Mさんがスタートダッシュでズバーンと行ってしまった(゚Д゚;)
ようやくクリートキャッチしてスタートラインを越えるも、すでに10m以上空いてしまい、必死で追走。
全然差が詰まらない。
最初の1分で340W超(6倍強)
途中、同じカテゴリの人が二人、Mさんにツキイチで付いていった。
これはマズイ展開。
しかし、抜いたら優勝!抜いたら優勝!と念仏のように頭の中で唱えながら耐える。
徐々にペースも落ち着いてくるが、なかなかキツイ・・・
が、こんな強度で走ってて、5分経っても心拍数が160台から上がらないので、アカン気がしてならない。

徐々に差が広がってるような気がするが、そんな時にいきなり脚に乳酸が溜まる感覚に襲われる。
寒い時に強度上げたらよくなる症状で、そのまま続けたら脚が動かんようになるヤツ。
やはりアカン予想は当たってしまった。

こんな序盤で動かなくなるとさすがにダサすぎるので、仕方なく見送ることに。
おそらく原因はスタートまでの待機中に冷えてしまった為だと思われる。
悔しいが、これが今の実力。

もしかしたら優勝できるかも?とか思っていた淡い期待は、桜の花びらと共に散っていった・・・
たぶんここまででスタートしてから7分くらいまでの間の出来事。

後ろ振り向いても誰も付いてきてないし、ここからずっと一人旅。
とゆーか、最初から一人旅やな!

道は濃霧で視界が悪く、前を走る優勝候補が全然見えないので、
更にモチベーションを下げる要因に。

中盤あたりでたっきゃんと遭遇し、抜き去る!
が、つづら折れのカーブの内側(斜度きついとこ)を使って抜き返される。
ナイスファイト!
が、平坦で引き千切る!!
特筆すべきトピックスはこれくらいかな。

あとは、優勝候補に付いていったであろう同じカテの人が落ちていったので、
C1組では2位か3位でゴール。
あとはC2組のタイム次第。


■結果
33:09
カテゴリC 5位入賞
IMG_2181


■振り返り
レース内容をまとめたら、優勝候補を追いかけたが、追いつけずにそのままゴールしたら5位入賞。
なんと内容のないレースかと・・・

色々と準備が足りませんでした。
・ペダル交換時期
・レース用バイクの慣らし
・体重管理
・レース週の練習
(膝の様子見でレストが多かったが、普段通りの練習の方がいいかも)
・冷え対策
(アップオイル的なやつ?)

ただ、個人での入賞は初めてなので嬉しいです。
あと、しばらく色々と気にせず食べられそうなので、それも嬉しいです。
IMG_2179


次のレースはMt.富士ヒルクライム。
目標は65分切りでゴールドフィニッシャーリング獲得して、あわよくば入賞を狙いたいと思います。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字